安心の保証

安心で信頼できる家づくりを目指して

建設住宅性能評価書 機関指定番号 十勝第1号を取得しました。

財団法人 北海道建築指導センター

■住宅性能表示制度とは?

住宅に関するトラブルを未然に防ぎ、よりよい品質で安心して住めるマイホームづくりをサポートする「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(平成12年4月1日施工)に基づく制度です。

具体的な住宅の評価は、設計段階の「設計評価」と、建設段階での「検査」により行います。設計評価を受け、基準を満たした場合「設計住宅性能評価書」が交付されます。

検査はこの評価書どおりに工事がなされているかを公正な第三者機関(財)北海道建築指導センターの検査で建築時に3回、完成時に1回、計4回行い、最終の検査後に「建設住宅性能評価書」が交付されます。

この設計住宅性能評価書をを添付して住宅の契約を交わした場合などは、その記載内容(住宅性能)が契約内容として保証されます。

住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」事業者です。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に基づく保険として、同法による保険法人として指定を受けた住宅保証機構株式会社が、すべての住宅事業者を対象として提供する保険です。

この保険は、新築住宅の住宅事業者等(建設業者・宅建業者等)が、機構との間で保険契約を締結するもので、保険金は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が、住宅取得者に対して、10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負担することによって被る損害に対して支払われます。
※契約約款により、免責事由に該当する場合等保険金をお支払いできない場合があります。

保険への加入にあたっては、すべての新築住宅を対象(工法・建て方は問いません)としています。また、住宅の工事中に、現場検査を行います。
また、消費者を守るしくみとして、住宅事業者等が倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお補修が行えない(瑕疵担保責任を履行できない)場合等は、発注者や買主である住宅取得者様が住宅保証機構株式会社に瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。

住宅保証機構(株)

詳しくは、住宅保証機構株式会社のホームページをご覧ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら